2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

2月6日 FSWにて走行のサポート

車両は、
AUDI RS3
BMW M3(E92)
NISSAN S14



BMW M3
こちらはB+にてメンテナンスしている車両になります
走り始めの印象は、低速コーナー(特に第3セクター)でリアのトラクションのかかりが遅く感じました
アクセルを開け、リアに荷重がかかっても一度滑り始めるとなかなかトラクションはかかりません
そして、コカコーラの入り口ではアンダーステア傾向
全体的に足回りが動いていないように感じられます
次回は、車高を前後共に上げてスタートした方がいいかもしれません
(Sタイヤなら今の状態でも良いと思いますが、ラジアルだともう少し車体がロールやピッチングした方が
タイヤのグリップを上手く使えると思います)
そんな、ラジアルタイヤでも1.57.50のタイムが出るのでパフォーマンスは高いと感じます



AUDI RS3は、ブレーキPADが終了
走行3本程度で、最後はブレーキが抜け1コーナーをオーバランしてしまい危険な状況でした
走行のモードは、前回と変更し電子制御完全OFFに
しかし、逆にタイヤのグリップ不足が目立ち終始アンダー傾向に
ノーマルタイヤから考えると、走行モードはスポーツのモードで走るのが良い結果となります
もう少しハイグリップタイヤならOFFも有りかもしれません

今回、オーナーがドライブして2分1秒フラットは嬉しいです!
次回走行予定は、2月20日FSWになります


NISSAN S14
こちらの車両は、今回からブーストアップ→ポン付タービンに変更したSK MASSIMOの車両になります
本日は、車両のチェックを中心としたシェイクダウン(タイム未計測)

走行した最初の印象は、パワーは扱いやすく久々に楽しいかもって感じました♪
しかし、ストレートではギアが圧倒的に足りない(ストレートコントロールタワー付近で6速6500rpm)
また、6速6500rpm付近からタイヤのフラットスポット以外で、凄いバイブレーションが出るのも気になります
そんなギアの影響でも、第3セクターも3速と4速を迷う個所が数か所ありました
やはりファイナルギアの変更が必要です

次回走行予定は、2月11日に筑波サーキットになります
この車両について、筑波走行後に少し詳しくブログで案内したいと思います



番外編
PORSCHE Cayman GT4
今回、こちらの車両も少しドライブしましたが、やはり素直でドライブしやすく良い車ですね

comment









trackback