2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

まずはレース参戦に向けて体調管理から

 

少ない時間ですがジムに通い

普段から体を使うの意識して自転車にも乗り

(自分にとって自転車は、体力はもちろんですがタイヤの転がる感覚を養うにはもってこいのトレーニングです)

 

 

岡山国際サーキットの走行経験が少ない事からイメージトレーニングには

中島選手から借りた去年のオンボード映像を毎日チェックして

 

 

先日はETCC(岡山)のサーキットサポートでは、

体験走行の場を利用して、2周ではありますがBMW M4でコースをチェックさせてもらったり

 

カラフルな観客席♪

 

 

出来る事は何でもやりの準備中です!

 

Hajime Ohnami http://hajimedia.com/

 

 

 

 


今回、S耐 Rd.5(OKAYAMA int.Circuit)に

スポット参戦する事が決まりました

 

 

No: ST-4 333

Team: GLORYRACING with A-ONE

Machine: HONDA CIVIC TYPE-R EURO  Model:FN2

8月に合同テストに参加させて頂きましたチームよりBドライバー登録にて参戦致します

 

今回、このようなチャンスを頂き非常に嬉しくワクワクしています

本格的な箱車のレースは初参戦な為、色々と勉強しながらのレースウイークになるかと思いますが

精一杯、楽しみながら走り、皆様にその楽しさを伝えられればと思いますので

応援の程、宜しくお願い致します

 

参戦するのに様々なご支援と協力が有り決まりました

一部紹介させて頂きます

車両オーナー: GLORYRACING

チーム: A-ONE http://www.raceaone.com/index.html

Aドライバー: 中島佑弥 選手 https://www.facebook.com/nakajima.yuya.5

スポンサー: Lubross http://www.lubross-oil.com/Lubross-TV/top.html

スポンサー: Panda International

スポンサー: SK massimo http://www.sk-massimo.com/

スポンサー: HUSH

 

また、中島選手は実力も実績も十分有り一緒に走れることが凄く楽しみでもあります

 

Hajime Ohanmi  http://hajimedia.com/

 

 

8月のテスト内容は過去のBlogより

http://21.hajimedia.com/?eid=126


先日、ドイツのNurburgring circuitに行ってきました


 

 

今回はTransit渡辺氏に同行してもらい

レース参戦を見据えたトレーニングの為の渡航です

 

到着、当日には直ぐにサーキット入りし

一日かけてコースサイドからコースをチェック

 

森の中にある一周20kmもあるコースを要領よくアドバイスをもらいながら回りました

 

 

有名なKarussell(カルーセル)を目の前に見る事が出来て感動です

さすが渡辺氏の経験値と言ったところでしょうか

 

 

 

 

夕方より一般向けコース開放でコースイン

車両は、サーキット近くにあるRENT4RINGでSUZUKI Swiftになります

 

少しアンダーパワーな車ではありますが、コースに慣れる意味では十分なポテンシャルで

走りこむことが出来ました

欲を言うとESPの制御が入るのでカット出来ると更に気持ちよく走れるのですが。。。

早くここをレーシングスピードで走ってみたい!

 

 

 

また、少し距離はありますが番外編で

ベルギーにあるSpa Francorchamps circuitに行ってきました

こちらも歴史あるサーキットで、当日はヒストリックカーのレースが行われており

雰囲気を十分に味わうことが出来ました

 

 

 

ビールが美味しいドイツですが、走る前の私はお水で我慢〜

 

 

Hajime Ohnami  http://hajimedia.com/


 

Date: 10/09/2016

No: 111 HUSH M4

Machine: BMW M4 F82

Driver: Hajime Ohnami

 

Circuit: Fuji Speed Way Condition: dry Temperature: 32℃

 

Qualify: 1`57.239 P3

 

Race: P2

 Lap1)1`58.851

 Lap2)1`56.110

 Lap3)1`56.137

 Lap4)1`56.930

 Lap5)1`56.126

 Lap6)1`56.853

 Lap7)1`57.407

 Lap8)1`57.639

 

 

今回、オーナー様はタイムアタッククラスに参戦し、私はBMW CUPに参戦と

車両にとっては酷なハードな一日でした

 

予選では、タイムを出さなければならない1周目で欲を出してしまい

プリウスコーナーでハーフスピン

頑張って2周目もアタックしようとしましたが、1コーナーでオフィシャルカーが入りアタックを中止。。。

 

決勝は、ブレーキの性能に不安を感じていた事もあり

スタートから少しスピードを抑えての走行

結果、遅いタイムでLAPを揃える事で2位をキープ出来ました

 

やはり、練習しないとダメですね

普段は皆さんに練習の大切さを話しているだけに、今回の結果は練習不足による

予選からの失敗が大きな敗因でした

 

最終戦の筑波は残念ながら参加出来ない為、来年は1戦目から参戦し優勝を目指せたらと思います

 

優勝したTK squareさん おめでとうございます

また、宜しくお願いします

関係者の皆様もお疲れ様でした

 

 

Hajime Ohnami  http://hajimedia.com/

BMW CUP  http://bmwma.jp/bmwcup/


いよいよ9月10日のBMW CUPに向けて時間が少なくなりました

 

今、現在の仕様での走行は2Lapでサスペンション類も組み付けのみで

セッテイングもしていない状態での参戦になります

 

そんな中でも今回は少しでもレースを楽しめたらと思います

このような機会を設けて頂きました車両オーナー様に感謝致します

 

ステッカー貼るの難しく気泡だらけに・・・

 

本番前にフルードとエンジンOILの交換をB+にて

 

ちょっと走ってみた感じです

 

正直、まだ何もわからない状態ですが

BMW CUPに参戦される皆様、どうぞよろしくお願いいたします

 

当日は、オーナ様はETCCと私はBMW CUPの車両シェアによるダブルエントリーなので

M4にとってはタフな1日になりそうです。。。


今年のJoy耐は、完全に不発に終わりました。。。

走る事無く終わって凄く残念です

チームの人も、支えてくれた人も皆凄く残念だったと思います

 

少し時間をかけて色々と考えました

今回、何が足りなかったのか。。。

やはり、自分はドライバーとしての目線で考えると4人のドライバー技量がバラバラだった事が一番の敗因に繋がります

 

その結果が、今回の練習走行に現れたと思い

来年に向けての良いスタートが切れたと思っています

 

来年のJoy耐は始まっています!

その通過点にミニJoy耐も参戦し1年間頑張りたいと思いますので、

関係者の皆様、応援してくれる皆様宜しくお願い致します

 

 

Driver:Akihiro Hosoi

タイヤのフィーリング掴めずにフラットスポット作り振動が大きく出ているにも関わらず

走行終了後に報告する

 

 

Driver: Hajime Ohnami

30分の走行時間を貰っての走行にも関わらず、攻めてる様子の無いつまらない走り

 

 

Driver: Yoshitaka Yamaguchi 

守らなければならないリミットを守らない走り

 

 

自分も含め、言い分はそれぞれ話しましたが、やはり言い訳。。。

次の走行では、より皆が同じレベルで走れるよう話せたと思います

今でも、このメンバーで走れて楽しいと思うのですが、レースが終わって本当に最高だった!!!って叫べるよう

妥協無く頑張ります!

 

次回練習は、9月22日(祝日)になります

 公式練習が19日にあり本来なら、そちらで走行する方が効率が良いのですが自分のスケジュールが合わずに

 22日にしてもらいました。チーム員に感謝です

 

 

Hajime Ohanmi  http://hajimedia.com/


スーパー耐久の公式練習に急遽ですが参加しました

 

Super Tikyu Official test

Date: 03/08/2016

No: ST-4 333

Team: GLORYRACING with A-ONE

Machine: HONDA CIVIC TYPE-R EURO   Model:FN2

Driver: Hajime Ohnami

 

Circuit: Fuji Speed Way  Condition: dry~wet

 

A-Driverの中島選手が不参加な為、急遽参加する事に決まりました

3セッションの走行で

 

 

1セッション目は、計測6Lap程の走行で車両を確かめる感じで終了

タイムもまあまあと言ったところでしょうか

 

 

2セッション目は、富士特有の変わりやすい天候からザーザー降りの雨

車の特性が手に取るようにわかり良い経験になります

 

 

3セッション目は、路面も乾き再びドライ

本来は2回目の走行で終了との事でしたが、チャンスをもらいコースイン

タイヤライフが終了しコース上に留まるのも非常に厳しい状況でしたが

耐久レースでは、そのような場面も多々あるので参戦するには良い経験になったと思います

 

 

本来は、この時期の公式練習は次レースに向けて調整を整える為の時間であり

レースに参戦を予定していない自分にとっては、良い雰囲気の中で走行出来た事に

凄く感謝しております

チームスタッフの皆様、スポンサーの皆様ありがとうございます

 

この経験を次に繋げられればと思います

 

 

Hajime Ohanmi http://hajimedia.com/

 

 


M4の方向性が決まってから、日が経ちますがなかなか進んでいません

 

 

FSWのテスト走行でも天気に恵まれなかったり

7月のBMW CUP参戦を目指してスケジュールを組み立てるも部品が届かず走れる状態ではありませんでした

 

足踏みした状態が続きましたが

やっと部品も揃い、スペアーパーツ類も消耗が想定されるものは少し多めにストックして

9月10日のBMW CUPを目指しなんとか進みそうです

 

次回のFSW走行は、8月11日を予定しており走行本数も少し多めに走行します

暑い日が続きますが、この時期に走る事は冬場のタイムが出る季節にも大きく影響するので

しっかり走行を重ねたいと思います

 

PITも借りる予定なので、もしご都合が合うBMWオーナー様がいらっしゃいましたらご一緒しましょう

 

 

これから比較テストする部品ですが

ENDLESSブレーキPADの比較(2種類)

Project μブレーキPADの比較

BILSTEIN Clubsportのフィーリング評価

現在、もう一社選定中のサスペンション評価

試作中の冷却パーツテスト・評価

 

これらの比較とテストを行い、その後はレースを想定したタイヤに履き替えてセットアップを煮詰めたいと思います

各パーツの評価は、順次お伝えしていきます

 

 

 

 

エンジンOILはLubrossにてM4用のVerをテスト

 

他のケミカル類も同時にテスト

 

 


2016もてぎEnjoy耐久レース
Date: 02/07/2016
Race: MOTEGI Enjoy Endurance Race
Car: HONDA DC2 98Spec N1  (Class6:1000kg)
CarName: デンソーフクダC1・R9 アドバン CarNo.110
Driver A: Yoshitaka Yamaguchi  B: Hajime Ohnami C: Takahiro Muraji D: Akihiro Hosoi

Pos: DNF
 

 

2回目のJoy耐参戦

去年の予選ではAドライバー走行時にミッショントラブルが発生し、Bドライバーである私は未出走

その結果、決勝は嘆願書により出走し最後尾からのスタートでしたが総合13位と今年に希望が持てる内容でした

 

そんな去年の期待から一変、、、予選ではまさかのAドライバー走行時にエンジンブロー

そして決勝は、エンジンを載せ替えて臨みましたが、まさかの1周目でエンジンブローによりリタイア

私は、このレースウイークを一度もドライブする事無く終了しました

 

なんと言っていいのか、走っていないので走行に対する感想が何も無いです。。。

しかし、今回のレースで学んだことはあります

 

それは、耐久レースならではのドライバーの役割です

どんなレースでももちろんですが、攻める走りをしながらも走り切らなければいけません

そのバランスは凄く重要で、レース距離が長くなれば、それだけ守るものも多くなり

ドライバーに託される判断や役割も多くなります

そして、複数のドライバーが乗る耐久レースでは、次のドライバーにタスキを渡さなければいけない

なかでも、Aドライバーの役割は重要でレースの流れを作らないといけないポジション

それを作れなかったAドライバー

それを支えられなかった2回目の参戦であるBドライバーの自分

初参戦であるC,Dドライバーも練習では手応えを掴みつつあっただけに

「悔しい」の一言です

 

 

最後に、走れませんでしたがメカニック、サポートメンバー、チーム関係者の皆様お疲れ様でした

皆様が居てこそのエントリーでありスターティンググリッドへ並べる事に感謝いたします

 

 

エンジンを囲んで

 

エンジン積み下ろし作業

 

ドライバー揃い

 

この日、最後の笑顔で

 

今年は命の水を大量摂取したけど・・・

 

大波 肇 http://hajimedia.com/

 

 


6月4日 公式練習
AM10:30~12:00
PM13:00〜17:00

5時間半と長丁場の練習

マシンは去年から引き続き、特に何かをアップデートする事無く
テスト内容は主に、連選手・細井選手の練習に



AM
山口選手がNEWタイヤにより15Lap走行
大波は、赤旗中断により8Lap走行で終了

PM
細井選手 15LAP+10LAP
連選手 15LAP+10LAP

給油方法やドライバーチェンジのについても各自確認し
最後は連選手のコースアウトで本日終了〜

私は、Lap数が少ない事もあってか調子もいまいちでした
しかし、同チーム内33号車のセットアップの方向性を確かめるためにEKシビックにも乗車
方向性がわかり、こちらは大きくタイムアップ!





残り練習日を1日設けており、その後レースに臨みます!

今回は公式練習なので、やはり参加台数が多いですね
緊張感が少し出てきました♪